ランドセル|人気のセイバンの評判と機能・特徴

セイバンの歴史とランドセルの特徴

ランドセル,人気,2019,ブランド,比較

セイバンは1919年に創業された老舗のランドセルブランドです。

 

1946年に兵庫県に本社工場を設立してランドセルや学生鞄などを製造している歴史があります。

 

2014年にはじめての直営店を表参道にオープンしました。

 

その後も名古屋と大阪と神戸と横浜と東京と6つの直営店を一気にオープンさせました。

 

ランドセルの大きな特徴は品質の高さとオリジナルの素材天使のはねです。

 

6年間子どもたちが背負っても子供の体に負担がかからないように考えられた新素材で、今ではランドセル業界の定番技術になりますが、当時は画期的な技術でした。

 

子供たちの安全性を重視しながら機能性を備えた製品の開発に対する情熱の高さが伺えます。

 

国内の技術力の高い職人が一つ一つ手仕事で製造して品質の高い製品を生産し続けています。

 

それに加えてデザインやカラーも豊富に揃えているので選択肢もかなりたくさんあります。それもセイバンの大きな魅力となっています。

 

 

セイバンのランドセルの種類は

ランドセル,人気,2019,ブランド,比較

セイバンが販売しているランドセルは種類も豊富です。

 

男女共通デザインの天使のはねクラシックやモデルロイヤルシリーズなどは定番でおすすめです。

 

コンバースと共同で開発したランドセルもありますし、女の子が好みそうな光沢感のある生地で作られたラブピシリーズなどもかなり人気です。

 

運動が大好きな男の子にはスポーツブランドプーマのランドセルも販売しています。

 

他にも様々な種類やカラーバリエーション、ブランドとnコラボなどお気に入りのデザインを見つけることができるでしょ。

 

その中でもイチオシのランドセルをあげるとすれば、男の子には天使のはねクラシックで女の子にはモンデルロイヤルシーズですね。

 

また直営店にはランドセルコンシェルジュという押し売りをしてくる店員さんがいますのでお気軽に質問して実際に背負わせてもらえば良いと思います。

 

セイバンのランドセルは日本のランドセルの半数以上を作っています。

トップへ戻る