ランドセル|人気のイオンの評判と機能・特徴

イオンの歴史とランドセルの特徴

ランドセル,人気,2019,ブランド,比較

今ではほとんどの小学生が背負っていいるランドセルですが、昔は裕福な層のお金持ちの子供しか持っていませんでした。

 

みんな風呂敷のなどに強化性入れて持っていっていました。

 

全国的に普及したのは小は30年台からでかなり最近の話です。

 

ランドセルは明治20年に作られはじめました。今年で130年を迎えています。

 

その長い歴史の中でも大きな変革がありました。

 

それはイオンが平成13年にランドセル業界に参入してきたました。

 

24色の圧倒的な色数のランドセルをひっさげて。

 

それまでは黒と赤が主流のランドセル業界にいきなりの24色展開。

 

これは流石にインパクトが大きかったです。

 

このイオンのランドセルのヒットを真似て各社様々なカラーのランドセルを販売するようになりました。

 

時代の価値観の多様化にともなってカラーだけでなくデザインも様々なものが発売されていますが。

 

基本的な形は殆ど変わっていないのもランドセルの凄さかも知れませんね。

 

 

イオンのランドセルの種類とイチオシのモデルは?

ランドセル,人気,2019,ブランド,比較

イオンのランドセルの特徴はなんと言っても先程お伝えした24色展開。

 

量販されているものの中では品質が高い、他の人気ブランドとのコラボ。

 

なにより他の企業に比べてあっと的に種類やカラバリが多いので選ぶ楽しみもたっぷりあります。

 

中でもイチオシは未来ポケットハーフルブーケです。

 

普通のランドセルの外側のポケット(小マチ)は約3cmなのですが、未来ポケットと呼ばれるオリジナル仕様で最大8センチまで拡大します。

 

 

今までは3cm以下のものしか入りませんでしたが、8センチまで広げると上履きや体操服も入れれるようなサイズに早変わり。

 

横にぶら下げるものが少しでも減るので子供たちの通学の負担も軽減されます。

 

カラー展開の多さも他の人と一緒になる確率を減らしてくれます。

 

より使いやすくより子供たちが無条件で6年間使用するものなので、高品質なものを選び楽しい学校生活をサポートしてあげたいですね

トップへ戻る