ランドセル|人気の萬勇鞄の評判と機能・特徴

萬勇鞄の歴史とランドセルの特徴

ランドセル,人気,2019,ブランド,比較

萬勇鞄は元々、服部鞄製作所として昭和25年に設立され、現在は二代目です

 

戦後の混乱の残る設立当初はランドセル専門店はなく、かばん屋さんがランドセルを作っていました。

 

鞄は全て手作りで作られて、機械などがなかったのでひとつひとつ職人の手作業で作られていました。

 

全ての工程を一つの工場で行い、直営店などを経営していなかったので他の店で販売していました。

 

昭和34年に初めて店舗をかまえて、自分たちで売るようになりました。

 

昭和42には制作している鞄の9割がランドセルになりました。

 

昭和47年に、愛知県の一宮に工場を建設して、翌48年に萬勇鞄が設立されました。

 

現在は愛知県のあま市に工場を移しています。

 

この様な歴史と手法を使い現在もこだわりのあるランドセルを作り続けています。

 

名古屋だけではなく全国に届けられている人気のランドセルになりました。

 

先代の意志を受けついだ二代目の社長が職人ともに一つ一つ丁寧に手作業で作られています。

 

 

萬勇鞄のランドセルの種類とイチオシは?

ランドセル,人気,2019,ブランド,比較

萬勇鞄は高品質で手作業による縫製がしっかりしているランドセルなので、6年間使い続けても壊れにくいと評判です。

 

ただし手縫いで作業をしているので生産数に限界があるのがデメリットです。

 

人気のモデルはすぐに完売になってしまうので、売り切れる前に早めに購入することをおすすめします。

 

イチオシのランドセルはノブレス。男の子に人気のモデルでもちろんこだわりの牛革。

 

デザインだけでなく縫製がしっかりしていて丈夫なのが特徴です。

 

また、女の子には「クローネティアラ」が人気です。こちらももちろん牛革です。

 

萬勇鞄では丁寧に手縫いで仕上げられていて、牛革を使用している割に意外と安価なのが人気の理由です。

 

生産数も少ないので他の友達とかぶらないというメリットもあります。

 

そしてなにより6年間背負っていたも壊れなく、背負安さにもこだわって制作されています。一味違ったランドセルをお探しにご両親におすすめです

トップへ戻る